有限会社ギブアンドギブ

茨城県下妻市にある保険代理店です!

2014年06月

今朝方、W杯で日本代表とコロンビアの試合がありましたね。
結果は皆様ご存知と思いますが・・・負けました。グループリーグ敗退です。
わずかな望みを持っていたのですが、やはりコロンビアは強かった。選手の皆さん、お疲れ様でした。
どの国が優勝するか?これからはそれを楽しみに試合を観戦したいと思います。

さて、梅雨真っ盛りですね。急な雨が降ったり雷が鳴ったり、荒れています。土砂災害ひどい地区があるようです。今朝の新聞に昨日東京で雹が大量に降り、まるで雪が降ったような写真がありました。
下妻市では雹は降りませんでしたが、雷が鳴っていました。
今日も不安定な天気のようです。気をつけましょう!
今年は梅雨が延長?なんて話もあるようです。

来週は7月になります。
2014年も後半戦に入ってしまいました。年をとると月日の早いこと早いこと!
7月といえば「七夕」。小さい子供がいない我が家では笹飾りを作ることも無くなりました。
せめて、星空を眺めて織姫と彦星のロマンスに思いをはせようと思うのですが、天気が悪く見えないことが多いような?
今年はどうかなぁ?きれいな星空が見られるといいですね。


3年くらい前に友人たちと佐渡へ行きました。
新潟まで新幹線、次に高速船で両津港に着き最初に行ったのが「トキの森公園」でした。
剥製や卵が展示されており、黒トキは戸外で飼われていましたが、いわゆる天然記念物の「トキ」は映像のみでした。
その「トキ」が野生復帰に向け掲げられた「佐渡島内に60羽定着」という目標が達成されたそうです。
60羽以上の個体が1年以上生存し、自然界で生まれた個体が含まれていることを確認したというのです。
「絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づく「トキ保護増殖計画」に沿って、関係者の協同によって進められてきたものです。

この事業の当面の目標が2003年に「2015年頃に佐渡東部に60羽のトキを定着させる」といったものだったそうで、「トキ野生復帰ロードマップ」としていました。
それが、2014年6月時点で2008年9月~2012年10月に放鳥した個体と、1昨年から昨年にかけて自然界で生まれた個体と合わせ、さらに昨年6月の放鳥で飛び立った13羽の個体が「1年以上生存」に到達したため、合計72羽が生存していることがわかり、60羽定着という条件を満たしたそうです。
日本の鳥を代表するような「ニッポニアニッポン」という名前がついている「トキ」です。
新潟県、佐渡市、関係者の方々のたゆまぬ努力によって、目標の1年前倒しで達成できたというのは大変嬉しいことといえるのではないでしょうか。

さて、「トキの森公園」以外に行った所といえば、「佐渡金山」、「佐渡歴史伝説館」など。
金山では砂金採りをして、真野にある佐渡歴史伝説館では拉致被害者のジェンキンスさんにお会いしました。
真野は、曽我ひとみさんの家がある所で、ジェンキンスさんは売店で働いており、記念写真にも快く一緒に写ってくださいました。
お元気でしょうか?

梅雨入りかな?と先週書いたら、間もなく梅雨入りしました。
すぐに大雨が続き、土砂災害などもあったようで大雨洪水警報まで出てしまいました。
皆様の地域は大丈夫ですか?川は増水しているでしょうね。
梅雨は約1か月続きます。ゲリラ豪雨はやめてもらいたいです。

我が家の玄関にツバメが巣を作り、順調にヒナが孵って「ピーピー」という小さな鳴き声も聞こえていたのですが・・・。なんと!先週末3羽、今日1羽、巣から下に落とされて死んでしまいました。
蛇は出没していません。親ツバメが落としたのか?雀が巣の周りに出入りしていたので、雀がいたずらしたのか・・・?
定かではありませんが、ショック!体長2.5cmくらいでした。
以前、雀がツバメの巣をのっとっていたことがあります。今年は子ツバメの巣立ち、見られないかもしれません。

今年の健康診断が全員終わりました。
20代1人、30代2人、50代3人、60代2人という年齢層です。
元気に仕事が続けられますよう、健康には気をつけましょう。

6月5日今日の天気予報は、ずばり「雨」です。
関東地方も梅雨入りが秒読みと、朝の情報番組で話していました。強く降るかもとのこと。
ほどほどに降ってほしいですね。「ゲリラ豪雨」はやめてほしいです。
紫陽花の花がきれいに咲く季節でもあります。カタツムリも出てくる頃ですが、中高年になってあまり気にとめないからでしょうか?その姿を見かけることが少なくなった感じです。

我が家の玄関ポーチにある「ツバメの巣」。卵を産んだようで、親ツバメが毎日出入りして温めています。
夜には父母ツバメが2羽、巣にいることもあります。ヒナがかえると「ピーピー」賑やかですね。
蛇にその声が聞こえませんように・・・。

以前も書きましたが、人口10万人当たりの件数で「自動車盗難 7年連続茨城県が全国ワースト1位」。
隙あらば忍び寄ってくる・・・。かもです。県内地域の盗難多発ワースト10は、
1:つくば市(218台) 2:水戸市(179台) 3:土浦市(156台) 4:筑西市(122台) 5:坂東市(112台)
6:古河市(105台) 7:常総市(101台) 8:ひたちなか市(85台) 9:石岡市(80台) 10:取手市(79台)
※2013年1月~12月の茨城県警察本部の数値に基づいています

では、防止策はないのでしょうか?
〇照明や防犯カメラの設置 〇車両にイモビライザーの導入 〇タイヤガード、ハンドルロック

個人、地域全体で防犯意識を高め、できる限りの盗難防止対策を心がけることが必要と言えるでしょう。

10年くらい前、我が家でも原付が盗難にあいました。同時期に近所でも2台盗まれています。

このページのトップヘ