日本損害保険協会茨城損保会からのチラシによりますと、
茨城県沖の地震(繰り返し発生する地震以外の地震):70%程度 
水戸で震度6弱以上の揺れ:70%以上

①防災の基本は「自助」。大規模災害時に「公助」だけに頼りすぎるのは危険です。自分と家族を守るためには自分でできることはやってみましょう。「自助」を高めることが防災の基本といえます。

②そのためには日頃からの備えが必要。避難について家族で話し合い、確認しましょう。
〇非常用品の備蓄 〇緊急避難場所、避難所、道順の確認 〇家族との連絡方法の確認

③家の中の安全対策
タンス、食器棚はL字金具、支え棒など、照明器具は鎖、金具等で固定し転倒落下を防ぐ
ガラスには飛散防止フィルムを貼る
出入り口や通路には物を置かない

④地震保険へ加入
地震保険は被災後の当面の生活を支える保険です。保険金だけでは必ずしも元通りの家に再建できないが、生活再建に大切な役割を果たします。
保険料はお住まいの地域(都道府県)、建物の構造によって決まります。建物の免震、耐震性能に応じた割引制度があります。
地震保険は法律に基づいて国と損害保険会社が共同で運営している保険。

自信は避けて通ることのできない自然災害。だからこそ、十分な備え、心構えが必要です。